バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

仮想通貨

バフェット太郎です。米仮想通貨投資ファンド大手のグレイスケール・インベストメンツによれば、伝統的なヘッジファンドや年金基金などが仮想通貨の保有量を増やしているとのこと。これは仮想通貨クラスタにとって良い兆候です。グレイスケールがまとめた報告書によれば、201
『【朗報】米ビットコイン投信に機関投資家の「買い」が殺到!!』の画像

バフェット太郎です。ビットコインの上昇トレンドが始まろうとしています。【ビットコイン:日足】ビットコインの日足チャートを眺めると、これまで弱気のトレンドチャネルを形成していたことがわかります。しかし、ついにそのレジスタンス(上値抵抗線)を上にブレイクアウ
『【朗報】ビットコインの上昇トレンドが始まりつつある理由』の画像

バフェット太郎です。仮想通貨ビットコインにかつてほどの熱狂はないものの、中東の地政学リスクの高まりを受けて急騰したように、安全資産としての価値が注目されています。しかし、ビットコインは金と同様に利息を生まないことに加えてボラティリティ(変動率)が高く、リ
『【1%投資法】ビットコインの「持たざるリスク」を回避する方法』の画像

バフェット太郎です。米国とイランが近い将来戦争に突入するとの懸念が高まっています。米国防総省によれば、「イラクにある米軍の駐留基地がイランから十数発の弾道ミサイルの砲撃を受けた」と発表しました。また、これに先駆けてイランの国営テレビは「米国とイラクの合同
『【悲報】米国とイランの戦争突入で買われる安全資産 金は1800ドル、ビットコインは2万ドルを目指す』の画像

バフェット太郎です。イラクの首都バグダッドにある米大使館。その制御区域「グリーンゾーン」など駐屯地付近2か所にロケットが撃ち込まれました。ターゲットとなったのはグリーンゾーンと首都北部のバラド空軍基地付近で、犯行声明などはなく、いずれも米軍に死者がでるなど
『戦争が始まればビットコインはムーン(大暴騰)する!』の画像

バフェット太郎です。2019年も残すところあと三日。今年は米国株、米国債、金、原油の4資産が上昇したほか、ビットコインも大暴騰しました。ただし、仮想通貨はどれも値上がりしたというわけではなくて、ビットコイン(BTC)が95.6%と大暴騰した一方、イーサリアム(ETF)は
『ビットコインの弱気相場は絶好の買い場か』の画像

バフェット太郎です。マネックスグループが公表した「グローバル個人投資家サーベイ」によれば、日本の個人投資家が仮想通貨に投資している割合が過去最高を更新したとのこと。【仮想通貨への投資について:日本】この調査結果によれば、個人投資家で仮想通貨に投資している
『日本の個人投資家、仮想通貨に投資している人の割合が過去最高に 弱気相場でも人気衰えず』の画像

バフェット太郎です。ビットコインが一時6885ドルと、7000ドルの大台を割り込んだことで絶好の投資機会が訪れつつあります。【ビットコイン:(週足)】ビットコインはこれまで50週移動平均線を挟む展開が続いましたが、下落方向にブレイクアウトしました。急落した主な要因
『【暴落】ビットコイン7000ドル割れ 暴落は絶好の投資タイミングか』の画像

バフェット太郎です。ビットコインは7300ドルと、直近の高値からおよそ半値で推移していますが、ビットコイン・マイニングの損益分岐点を考えれば、現在の水準は比較的割安であり、絶好の投資タイミングであると言えます。【ビットコイン($BTCUSD):週足】ビットコインの週
『【朗報】ビットコインが2万ドルを目指す理由』の画像

バフェット太郎です。米国株の強気相場は2020年頃にも終わってしまうかもしれません。過去10年を振り返ると、2010年の欧州債務危機、2011年の米国債ショック、2015年の中国発世界同時株安、2016年のFRBによる金融引き締め、2018年の米長期金利急騰、これまで幾度となく弱気派
『【悲報】米国株の強気相場が2020年に終焉する3つの理由』の画像

バフェット太郎です。ビットコイン代理店のビットマスターが破産申請したことで、「ビットコインはやっぱり危ないんだ」みたいな勘違いをしている人もいるので、ここで誤解を解いておこうと思います。帝国データバンクによれば、ビットコイン代理店のビットマスターが破産し
『【悲報】ビットコイン代理店のビットマスターが破産も、その怪しさ、見苦しさ、胡散臭さがすごい!』の画像

バフェット太郎です。仮想通貨ビットコインの急落が止まりません。【ビットコイン:日足】ビットコインは一時7000ドルを上回る場面がありましたが、再び下落に転じ、現在6737ドルで推移しています。【ビットコイン:週足】週足チャートを眺めると、50週移動平均線を割り込ん
『【暴落】ピーター・ブラント氏「ビットコインは5500ドルまで暴落する」』の画像

バフェット太郎です。米国株と仮想通貨ビットコインは明暗分かれる展開となっています。まず、NYダウ株式市場は前日比+31.33ドル(+0.11%)高の2万8036.22ドルと上昇し、史上最高値を更新しました。上昇した主な要因は、トランプ政権がファーウェイ禁輸猶予期間を90日間延長
『米国株とビットコイン、明暗分かれる。ビットコインは暴落間近か』の画像

バフェット太郎です。仮想通貨ビットコインが1年3か月ぶりに1万ドルに回復する中、個人投資家の中にはビットコインの積立投資を考えている人も少なくありません。しかし、結論から言えばビットコインは積立投資に不向きな資産と言えます。たとえば株式投資の場合、毎年安定し
『【仮想通貨】1万ドル突破も、仮想通貨に積立投資するな』の画像

↑このページのトップヘ