バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

2019年10月

バフェット太郎です。ISM(米供給管理協会)が発表した9月のISM非製造業購買担当者指数は予想55.0に対して、結果52.6と予想を下回ったほか、2016年8月以来およそ3年ぶりの低水準となりました。【ISM非製造業購買担当者指数(内訳)】「事業活動」は55.2と、前月の61.5から6.3
『【ISM非製造業購買担当者指数】三年ぶりの低水準で米サービス業の減速示唆も株高が続く理由』の画像

バフェット太郎です。米経済指標の悪化を嫌気して、ダウ平均は前日比-494.42ドル(-1.86%)安の2万6078.62ドルと急落して取引を終えました。最近発表された米経済指標を振り返ると、まず、米ISM製造業景況指数が予想50.4に対して、結果47.8と予想を大きく下回ったほか、2009
『【米株急落】利下げ圧力高まる中、投資妙味高まるセクターとは』の画像

バフェット太郎です。第4四半期最初の取引である10月1日のNYダウ株式市場は、前日比-343.79ドル(-1.28%)安の2万6573.04ドルの下落して取引を終えました。下落した主な要因は、ISM(米供給管理協会)が発表した9月のISM製造業景況指数が47.8と、2009年6月以来の低水準を記
『【過去71年】リセッションの平均期間はわずか11カ月 』の画像

バフェット太郎です。ISM(米供給管理協会)が発表した9月の米ISM製造業景況指数は予想50.4に対して、結果47.8と予想を大きく下回りました。これは2009年6月以来およそ10年ぶりの低水準で、景気拡大と縮小の分かれ目となる50を二カ月連続で下回りました。【米ISM製造業景況指
『【悲報】米ISM製造業景況指数、2009年以来10年ぶりの低水準に悪化』の画像

バフェット太郎です。9月30日のNYダウ株式市場は前日比+96.58ドル(+0.36%)高の2万6916.83ドルと上昇して取引を終えました。世界経済の成長鈍化と米中貿易戦争激化が懸念される中、ダウ平均は3四半期連続でプラスになるなど好調を維持しています。【ダウ平均:日足】昨年末
『ダウ平均、3四半期連続でプラスも個人投資家の明暗分かれる』の画像

バフェット太郎です。バフェット太郎は米国の大型高配当株10銘柄に分散投資しており、米国株の時価評価額だけで6000万円を超えています。とはいえ、こうしたことから「バフェット太郎の投資スタイルをマネようと思っても、それはお金があるから大型株高配当株に投資するでき
『投資資金が少なければ大型高配当株に投資するメリットはないのか』の画像

↑このページのトップヘ