バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

2021年05月

バフェット太郎です。アイカーン・エンタープライズの創業者で著名投資家のカール・アイカーンが、仮想通貨業界に10億ドル(約1100億円以上)の資金を投入する考えがあるとブルームバーグのインタビューで明かになりました。アイカーン氏は2020年フォーブス400の富豪ランキン
『【朗報】著名投資家で大富豪のカール・アイカーン、仮想通貨に巨額投資することを検討中』の画像

バフェット太郎です。日本経済新聞によると、仮想通貨市場の暴落を受けて韓国の若者たちが大損しているそうです。【ビットコイン:日足】これまでのビットコインの推移を振り返ると、昨年3月のコロナショックによって一時3949ドルまで値下がりする場面がありましたが、その
『仮想通貨で大損する韓国の若者たち』の画像

バフェット太郎です。3月のケース・シラー住宅価格指数は予想+12.3%に対して、結果+13.3%と予想を大きく上回りました。これは2006年以来の伸び率であるほか、前回の不動産バブルのピークから22%上昇していることから、バブルを警戒する声が高まっています。【ケース・シ
『ケースシラー住宅価格指数、2006年の不動産バブル以来の伸び率』の画像

バフェット太郎です。ヘッジファンド世界最大手ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者で著名投資家のレイ・ダリオ氏がビットコインを保有していることを明かしました。ダリオ氏は仮想通貨メディア「コインデスク」のインタビューで、「ビットコインをいくらか保有してい
『【朗報】著名投資家レイ・ダリオ「ビットコインをいくらか保有している」』の画像

バフェット太郎です。米商務省が発表した4月の住宅着工件数は予想171万戸に対して、結果156万9000戸と予想を大きく下回りました。これは、木材など建材価格が高騰したことが影響しました。また、3月は173万3000戸と、速報値の173万9000戸から下方改定されましたが、2006年
『住宅市場で占う米経済の未来』の画像

バフェット太郎です。米財務省が1万ドル(約109万円)以上の仮想通貨の送金をIRS(内国歳入庁)に報告することを義務付ける方針を発表しました。仮想通貨の取引を巡っては、かねてからマネーロンダリング(資金洗浄)などを助長しているとの問題があり、とりわけイエレン財
『米政府、仮想通貨監視強化へ「今後10年間で存在感が増していく」』の画像

バフェット太郎です。FRB(米連邦準備制度理事会)が4月のFOMC(連邦公開市場委員会)の議事要旨を公開しました。内容はネガティブサプライズでした。議事要旨によれば、テーパリング(量的緩和の段階的縮小)について「多くの参加者が、経済の急回復が続くなら、今後の会合

バフェット太郎です。仮想通貨ビットコインが一時2万9925ドルと、直近の高値6万4900ドルから53.9%安と大暴落しましたほか、イーサリアムも一時1948ドルと、直近の高値4380ドルから55.5%安と大暴落しました。【ビットコイン:日足】仮想通貨が軒並み大暴落した背景には、
『ビットコイン大暴落で絶好の買い場到来か』の画像

バフェット太郎です。インフレ懸念が高まる中、投資家の資産を守ってくれる投資対象は株式や債券ではなくコモディティです。歴史を振り返れば、インフレ率が高い時の金のパフォーマンスは良好で、これはインフレ率が二桁台に急上昇した国でも金の価値は維持されたそうです。
『インフレから資産を守る投資法』の画像

バフェット太郎です。4月の米CPI(消費者物価指数)は前年同月比で予想3.6%に対して、結果4.2%と予想を大幅に上回ったほか、2008年9月以来の伸び率となりました。また、価格変動の激しい食料品やエネルギーを除いたコアCPIも、予想2.3%に対して結果3.0%と予想を上回
『一部の産業でインフレが加速するリスク』の画像

バフェット太郎です。2015年12月末以降のバフェット太郎10種とS&P500ETF(IVV)、そして米高配当株ETF(HDV)のトータルリターンは以下の通りでした。【トータルリターンの推移】バフェット太郎10種:+80.2%S&P500ETF(IVV):+126.7%米高配当株ETF(HDV):+57.8%バフェ
『バフェット太郎10種とS&P500ETFのトータルリターン【64カ月目】』の画像

バフェット太郎です。米電気自動車最大手テスラ(TSLA)のイーロン・マスクCEOが、ビットコイン決済の停止を発表しました。これによって、ビットコイン価格は暴落し、一時4万7000ドルをつける場面がありました。テスラがビットコイン決済を停止した理由は、ビットコインの採
『ビットコインの第二次ブーム終焉か?』の画像

バフェット太郎です。労働省が発表した4月のCPI(消費者物価指数)は予想3.6%に対して、結果4.2%と予想を大幅に上回ったほか、2008年9月以来の伸び率となりました。また、価格変動の激しい食料品やエネルギーを除いたコアCPIも予想2.3%に対して、結果3.0%と予想を上回り

バフェット太郎です。中国国家統計局が発表し生産者物価指数は予想+6.5%に対して、結果+6.8%と予想を上回りました。【生産者物価指数】そもそも、生産者物価指数とは工業出荷価格の指標になりますから、世界の工場と言われている中国の生産者物価指数が上昇しているという
『中国でインフレ懸念 コモディティの時代がやって来る』の画像

バフェット太郎です。10日、ハイテク株を多く含むナスダック総合指数が前日比2.55%安の1万3401.86と急落しました。ナスダックが急落している主な要因は、「消費ブーム」に伴うインフレ懸念が高まっているためです。たとえば、米国では1回以上ワクチンを接種した人の割合は
『ハイテク株が急落している理由』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェットは、年次株主総会で「ハイテク株は非常に割安だ」と語りました。なぜ、バフェットが高PER株の多いハイテク株を割安だと判断したのか?というと、それは今が超低金利環境にあるからです。そもそも、企業の価値(時価総額
『バフェット、「ハイテク株は割安だ」』の画像

バフェット太郎です。米石油パイプライン最大手のコロニアル・パイプラインがサイバー攻撃を受けて業務を停止しました。今回のサイバー攻撃はシステムの復元と引き換えに金銭を要求する「ランサムウエア」によるもので、ロシアや中国、イラン、北朝鮮のいずれかの国家が関わ
『米最大の石油パイプライン、サイバー攻撃で停止 エネルギー株にとって追い風か』の画像

バフェット太郎です。ナスダックに上場しているアルゼンチンのネット通販大手メルカドリブレ(MELI)が、780万ドル(約8億5000万円)のBTCをバランスシートに組み入れたと発表しました。メルカドリブレはラテン・アメリカ18カ国で展開する地域最大のネット通販企業で、最近
『アルゼンチンのメルカドリブレがビットコインに投資』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの年次株主総会で、株主から「S&P500インデックスファンドとバークシャーなら、どちらに投資をすべきか?」という質問がありました。過去15年を振り返ると、バークシャー株は市

バフェット太郎です。バフェットが株主総会で「世界は劇的に変わる」としつつも、米国経済への自信を深める発言をしました。【世界時価総額ランキング2021】世界の時価総額ランキング上位20社のリストを眺めると、上からアップル、サウジ・アラムコ、マイクロソフト、アマゾ
『バフェット「世界は劇的に変わる」』の画像

バフェット太郎です。バイデン政権による財政出動とFRB(米連邦準備制度理事会)による金融緩和によって米経済が急回復する中、イエレン財務長官が米誌インタビューで「米経済が過熱しないように確実を期すため、金利はほんの少し上昇せざるを得ないかもしれない」と述べたこ
『イエレン財務長官「金利は上昇せざるを得ない」発言について釈明』の画像

バフェット太郎です。米投資会社バークシャー・ハザウェイの会長で著名投資家のウォーレン・バフェットは年次株主総会で、足元の米経済についての考えを明かしました。バフェットは米経済はバイデン政権による景気刺激策と、FRB(米連邦準備制度理事会)による金融緩和によっ
『バフェットのインフレに対する見解』の画像

バフェット太郎です。バークシャー・ハザウェイが2021年第1四半期決算を発表しました。EPSは予想2.55ドルに対して、結果2.52ドルと予想を下回りました。売上高は予想634億1000万ドルに対して、結果635億4000万ドルと予想を上回りました。また、大型M&A(合併・買収)の機会

バフェット太郎です。2021年4月の資産総額は8655万円と、前月の8678万円から23万円(-0.3%)減少しました。【運用状況】【配当金】4月はフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)、ウォルマート(WMT)、コカ・コーラ(KO)の3社から、合計1860.45ドル(約20万3000
『【運用状況】2021年4月の資産総額は8655万円でした』の画像

バフェット太郎です。トータルヘルスケア大手のジョンソン&ジョンソン(JNJ)の株式を164.06ドルで30株、約4900ドル(約57万円)分買い増しました。【取引履歴】バフェット太郎はかねてから米連続増配高配当株10銘柄に均等分散投資しており、「毎月最後の金曜日に『組み入れ
『【JNJ】ジョンソン&ジョンソン株を57万円分買い増しました』の画像

バフェット太郎です。仮想通貨デリバティブ大手取引所Bybitの分析レポートによると、BTCのマイニングコストは1BTC当たり4万ドルを超える可能性があるとのこと。これは投資家にとって朗報です。【各種マイニング機器における1BTC当たりのマイニングコスト】(出典:Bybit)現
『ビットコインのマイニングコストは4万ドル超』の画像

バフェット太郎です。本エントリーでは、中上級者向けの仮想通貨取引プラットフォーム「bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)」について解説します。【ビットフライヤーの無料口座開設】はこちらからどうぞ1:「bitFlyer Lightning」で何ができる?「bitFl
『【プロ向け取引所】「bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)」のはじめ方【完全ガイド】』の画像

↑このページのトップヘ