バフェット太郎です。

クソダサい投資家ほど、将来有望のイケてる人気銘柄に投資して、あとは気絶しているだけでお金持ちになれると信じていたり、あるいは、それが一時的なブームだとしても、タイミングを見計らえばお金を稼げると信じています。

しかし、永遠に続く強気相場などないことや、タイミングを見計らった売買は長期的に見れば税金や手数料分のお金を損するだけであることが知られいているため、多くの個人投資家にとって必ずしも賢明な投資法とは言えません。

事実、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の相棒であり、バークシャー・ハザウェイの副会長であるチャーリー・マンガー氏は、「売買を繰り返さないだけで、年間1~3%の節税効果が得られる」と主張しています。

また、ある調査では男性よりも女性の方が投資成績が良い傾向にあり、これは男性よりも女性の方が「売買頻度が少なかったから」ということが理由で、多くの投資家にとって売買を繰り返すことは投資成績を悪化させる原因だということがわかります。

こうしたことから、多くの個人投資家は頻繁に売買せざるを得ない投資法を採用すべきではないのですが、では、どうして多くの個人投資家は頻繁に売買を繰り返したり、将来有望の人気銘柄に投資してバイ&ホールドしてしまうのでしょうか。

結論から言えば、誰もが手元にあるわずかなお金で、お金持ちになりたいと願っているからに他なりません。

つまり、大きな値上がり益が期待できる銘柄に投資して、あとは気絶しているだけの投資戦略は、値動きを心配することもなければ、日々、投資・経済の勉強をする必要のない、まさに「楽して大金を稼ぐ」投資法であるわけです。

そして、多くの個人投資家は、高齢になってからお金持ちになりたいなんて考えていませんし、「嫌いな会社をサクッと辞めて遊んで暮らしたい」と考えているので、目先の値上がりしている銘柄に注目しがちです。

結果、降り方のわからないブームに乗って、大きな含み損を抱えたりするわけです。そう言うと、投資・経済の勉強をすれば、タイミングよくブームに乗ることも、そして降りることもできると豪語する人がいます。
1

しかし、仮に100人の努力をする投資家がいて、そのうち1人の投資家だけ努力が報われるのなら、残りの99人の努力は報われないことになります。確率的に考えれば、自分が99人の側になる確率の方が大きいことがわかりますが、多くの人は、自分がたった1人の成功者になれると信じているようです。

実際、米国株のトレンドは2012年頃にディズニー(DIS)やナイキ(NKE)、スターバックス(SBUX)、チポトレ・メキシカン・グリル(CMG)などの一般消費財・サービス株が注目され、その後はバイオ株が注目されたわけですが、ブームの波を正確に捉えた投資家はほとんどおらず、バイオ株が始まっているのにも関わらず、多くの投資家は一般消費財・サービス株にこだわっていました。

そして、その後、FANGブームが始まっているのにも関わらず、バイオ株にしがみつき凍死家になっている人が後を絶ちませんでした。

このように金融危機後、一般消費財・サービス株ブームからバイオ株ブームに乗り換え、さらにハイテク株ブームに乗り換えた投資家がほとんどいなかったことを考えると、ハイテク株ブームに乗っていた人たちが次のブームに乗れる根拠はどこにもありません。

従って、片手間で資産運用をしているだけのクソダサい個人投資家は、将来有望の人気銘柄に投資してバイ&ホールドしたり、あるいはタイミングよく次のブームに飛び移ろうとするのではなく、長期で保有し続けることができるディフェンシブ銘柄や、あるいは幅広く分散されたインデックスファンドに投資して配当を再投資し続けた方が賢明です。

一応断っておきますけれども、これは多くのクソダサい個人投資家に言えることであって、すべての投資家に当てはまるわけではありません。そのため、あなたが人気銘柄に投資したり、ブームに飛び乗ろうとしても誰も止めたりはしませんよ。

なぜなら、誰もが一握りの天才投資家になり得るのだから。

グッドラック。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK