1
バフェット太郎です。

ソフトバンク・グループに暗雲が立ち込めています。

孫正義氏率いる投資会社ソフトバンク・グループが19億ドル(約2000億円)出資する通信衛星ベンチャーのワンウェブが破産申請しました。

2012年に設立されたワンウェブは、衛生通信を使って携帯電話や固定回線より安く広範囲なネット通信網を提供するために、次々と小型の衛生を打ち上げてきました。

しかし、高コスト体質だったことに加えて、この分野にネット通販世界最大手のアマゾン・ドットコム(AMZN)が参入することが明らかになり競争環境が次第に厳しくなってきたこと、そして、こうした中で新型コロナウイルスの感染拡大を受けて市況が悪化したことで、ワンウェブに出資する企業がいなくなったことで手元資金が枯渇してしまったのです。

また、ソフトバンク・グループ主導の下で経営再建を進めている米シェアオフィス大手のウィーカンパニーの経営も悪化しています。同社はカリフォルニア州やニューヨーク州などの大都市で相次ぎ外出禁止令が発令したことで、シェアオフィスの利用者が急減するなどの大打撃を受ける可能性があります。

加えて、格付け大手のS&Pグローバル・レーティングスがウィーカンパニーの信用格付けを「シングルBマイナス」から「トリプルC」に引き下げていることもウィーカンパニーには悪材料です。「C」ランクはデフォルト(債務不履行)になる可能性があることを意味しており、同社の社債利回りは36%と価格は発行時から6割超下落するなど、買い手がつかない状況で、投資家らはウィーカンパニーの破綻を織り込んでいることを示唆しています。

ウィーカンパニーはソフトバンク・グループという強い後ろ盾があるので直ちにデフォルトするリスクは低いと主張していますが、ソフトバンク・グループが出資を取り下げれば(つまり、損切りに動けば)、いつウィーカンパニーが破綻してもおかしくないので楽観は禁物です。

また、孫氏も銀行から追証(追加保証金)を迫られ、過去2週間でソフトバンク・グループの株式1010万株(約400億円)を追加で差し入れています。

そもそも、孫氏はソフトバンク・グループの株式の27%を保有する大株主なのですが、そのうち40%相当(つまり全体の11%)を複数の銀行に担保として差し入れて融資を受けています。今回、追証となったのは、株価が暴落したことで担保不足となったためで、そのため孫氏は自社株買いを急遽発表して株価を引き上げたわけです。

さらに、保有株を売却するとしていて、アリババなどが対象になることが予想されています。これは孫氏にとって明らかに望んでいない展開です。なぜなら、そもそもソフトバンク・グループは投資会社ですから、保有株の事業価値の最大化が目標であるはずだからです。

たとえば、著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、一握りの優良株に集中投資して長期で保有するか、子会社化することで資産を最大化を目指していますが、当初の予想通りに結果が伴わなければ損切りする場合もあります。しかし、将来有望の優良株を売るなどという愚かなことはしません。

孫氏は(仮に売りの対象がアリババであれば、)まさにそれをやろうとしているのです。アリババを売れば保有株式価値が減少するほか、将来の値上がり益もその分期待できなくなるわけですから、成長性も失われたことを意味します。

つまり、孫氏が過剰なリスクを取っていることで、ソフトバンク・グループは将来の成長性を一部犠牲にしているということです。とりわけ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界同時不況は投資家心理を暗くさせますから、未だ収益化の見通しが立っていないことに加えて、破綻するリスクの高い多くのビジョン・ファンドの投資先は、ソフトバンク・グループにとってリスクでしかないのです。

投資を農場でたとえた場合、収益の一部を投資に回し、農地を拡大させて翌年の生産量をさらに増やすということなのですが、ソフトバンク・グループの場合、収益の一部を投資に回して農地を拡大させても、その農地からは何も収穫できないばかりか、その農地をメンテナンスするのに毎年莫大なお金が必要になっているのと同じなんです。

そのため、いくら保有株に価値があっても、収益の使い道を誤ればソフトバンク・グループの企業価値はいつまで経っても上がりません。ソフトバンク・グループがそうした生産性の乏しい農地ばかりに投資し続ける以上、株価が値上がりすることはあり得ません。

グッドラック。

【PR】バフェット太郎、YouTubeはじめました!

おかげ様でYouTubeを始めてまだ2週間、動画投稿数は4本しかありませんが、チャンネル登録者数1万人を突破しました!チャンネル登録してくださった皆さん、そしていつも視聴してくださってる皆さん、本当にありがとうございます。

アニメーションを使いながら米国経済の”今”をわかりやすく解説していますので、お時間ある方はぜひ一度ご視聴ください!

次はチャンネル登録者数10万人目指して頑張ります!
 


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 
SPONSORED LINK