バフェット太郎です。

ビットコインが一時2万9000ドルを下回るなど、急落しました。

急落した主な要因は、「ダブルスぺンド(二重支払い)」が行われた可能性が指摘されたためです。

ダブルスぺンドとは、すでに使用したビットコインを再び使用することです。

たとえば、AさんがBさんに対して、1BTCを支払って商品を購入したとします。

AさんがBさんに支払ったBTCは、それが決済されるまで10分かかります。

Aさんはこの10分間を利用して、Bさんに支払ったはずの1BTCでCさんからも商品を購入します。

すると、Aさんは1BTCでBさんとCさんから商品を購入することができるのです。これをダブルスぺンド(二重支払い)と言います。

もちろん、ビットコインはダブルスぺンドができない仕組みになっています。

たとえばひとつ例を挙げると、それはブロックチェーンと呼ばれる技術で、ビットコインの取引が発生すると、その取引データはブロックチェーンに格納されます。

そして、格納された取引データは消去することができないので、ダブルスぺンドは起こりにくいのです。

とはいえ、必ずしもダブルスぺンドが起きないというわけではなくて、偶然、ダブルスぺンドが起こってしまう場合もあります。しかし、今回は悪意がある可能性が一部で指摘されているのです。

そのため、ビットコイン市場に緊張が走ったわけですが、今回の悪意あるダブルスぺンドは大きな問題に発展しないと考えられています。

なぜなら、通常の取引所はビットコインのブロックチェーンは6確認(60分)持つことが推奨されていて、1確認(10分)で入金認定するところはほとんどないからです。

6確認というのは、ビットコインの取引データがブロックチェーンに格納されてから60分経っていることを意味しますから、改ざんすることがほぼ不可能だと言われているのです。

【ビットコイン:日足】
1
さて、ビットコインの日足チャートを眺めると、三角保ち合いを形成した後ブレイクダウンしたことがわかります。

とはいえ、50日移動平均線がサポートライン(下値支持線)になる可能性がありますから、トレーダーたちは調整局面の終了を期待しています。

【ビットコイン:週足】
2
ただし、週足チャートを眺めると、50週移動平均線からかなり乖離していることがわかります。

つまり、トレーダーたちとは異なり、長期投資家たちは50週移動平均線やレジスタンスが控えている1万3000ドルまで下落する可能性を覚悟しているということです。

もちろん、どこまで下落するかなんて誰にもわかりませんから、正確にタイミングを見計らって底値で買い向かうことはできません。

多くの個人投資家は価格が急騰している場面では「急落したら大量に買い増そう」と考えていても、実際に急落する場面では「まだ下がるかもしれない」と考えて、結局買い向かうことができないのです。

そのため、個人投資家はリスク許容度の範囲内で飛び込む必要があります。

たとえば、バフェット太郎はポートフォリオの1%~3%の範囲内でビットコインに投資をしています。このくらいの割合なら、仮に半値になったとしてもポートフォリオ全体に与える影響は限定的だからです。

そのため、あなたがこれからビットコインに投資しようと考えているなら、価格は気にせずにポートフォリオの1%を目安に買い向かえばいいと思います。

それでも怖くてなかなか投資を始めることができないのなら、「Coincheckつみたて」を利用して、毎月1万円ずつ積立投資をすれば、価格を気にせずにビットコインをポートフォリオに組み入れることができます。

ちなみに、コインチェック」はマネックス・グループ傘下になったことで、徹底したセキュリティ体制が構築されたので、安全性の観点からも信頼できる取引所ですし、サイトも使いやすいので非常にオススメです。

また、「ビットフライヤー 」はビットコインを100円から(※コインチェックは500円から)と少額投資できるので、気軽に少額分散投資をしたい個人投資家にオススメです。

グッドラック。 

【コインチェックの無料口座開設】はこちらからどうぞ 

【ビットフライヤーの無料口座開設】はこちらからどうぞ

【DMM Bitcoinの無料口座開設】はこちらからどうぞ

bitFlyer コインチェック

※1 暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-69歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。調査実施日は2020年6月18-29日。調査機関:(株)インテージ 

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2019年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む) 

仮想通貨取引におけるリスクについてはこちらをご覧ください