バフェット太郎です。

人は誰だって貧乏な老後生活は避けたいと願っている。

とびきりリッチな老後生活なんて望んでいないし、中の上くらいの老後生活がおくれるならそれで良い。

そんなことを考えながら「貯蓄」や「投資」を続けることで、漠然とした不安になんとか折り合いをつけながら生きている人も少なくないと思う。

さて、厚生労働省が公表した「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(2019年度)」によれば、国民年金の平均年金月額は70~74歳が5万6697円、75~79歳は5万5922円、厚生年金保険(第1号)の平均年金月額は70~74歳が14万6421円、75~79歳は15万1963円とのこと。

【各平均年金月額】
1
年金制度や加入状況によって個人差が出るものの、現在の70代は国民年金なら毎月約5万円、厚生年金なら毎月約15万円くらいを受給しています。

そのため、夫が会社員で妻が専業主婦だった場合、平均的な年金額はおよそ20万円になります。

しかし、総務省が公表した「家計調査報告(家計収支編)ー2020年(令和2年)平均ー(二人以上の世帯)」によると、70~74歳の消費支出は24万6656円とのこと。

つまり、「夫(会社員)+妻(専業主婦)」の場合、毎月4~5万円の赤字になります。

老後生活を仮に25年とすると1200万~1500万円が不足、仮に35年なら1680万~2100万円になります。

ところが、金融庁が公表した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]令和2年(2020)調査結果」によると、「70代・二人以上世帯」の金資産保有額の中央値は1000万円とのこと。

つまり、ほとんどの世帯で25年分の貯蓄すら用意できていませんから、多くの人たちは貧乏な老後生活が待っているということです。

多くの人は「とびきりリッチな老後生活なんて望んでいないし、中の上くらいの老後生活がおくれるならそれで良い」と考えているかもしれません。

しかし、中くらいですら老後資金が足りていないことを考えると、中の上くらいの老後生活というのは、老後資金がギリギリ足りるか足りないかの水準で、生きてゆくのがやっとです。

これが70代のリアルであり、現役世代で働く20~40代は、将来年金の減額が予想されること、そして健康寿命が長くなることを考えると、貧乏な老後生活が待っている確率が一層高まります。

そして、こうした残酷な未来を回避する方法は二つしかありません。それは、堅実な資産運用を長期に渡って続けて資産を築くこと。あるいは、働く期間を長くして70歳や80歳になっても働き続けることです。

ただし、大嫌いな会社でお金のために嫌々働くのか、大好きな会社で生きがいと少しのお金のために働くのか、はたまた会社に縛られず、好きなことで起業してお金を稼ぐのか、こうした働き方の違いで60代以降の人生は大きく変わります。

いずれも突然できるというものではありませんから、現役世代でどれだけ積み上げられるのかが大切になってきます。

20代・30代に仕事や投資サボれば、そのツケは40代で響き、40代で挽回できなければ50代以降は大嫌いな会社でお金のために嫌々働くことになってしまいますから、今をどう生きるかで自分が70代になった時の未来が決まります。

グッドラック。

【無料】米国高配当株レポートの「オックスフォードインカムレター」はこちらからどうぞ

【無料】米国優良株レポートの「モトリーフール」はこちらからどうぞ

SPONSORED LINK