バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

【投資哲学】

バフェット太郎です。個人投資家から絶大な支持を得ている米国株情報サイト『モトリーフール』のスペシャルレポートに『欧米での感染再拡大の中、ディフェンシブな配当銘柄5銘柄紹介』との記事。【米国:新規感染者数】米国の新規感染者数は9月以降右肩上がりに上昇を始め
『コロナの第3波に備えるディフェンシブ配当株』の画像

バフェット太郎です。サイオン・アセット・マネジメントのマイケル・バーリー氏は、最近のインデックスファンドへの大量の資金流入は「市場を歪めている」とし、「多くのバブルがそうであったように、長く続けば続くほど崩壊はより深刻なものになるだろう」と指摘しています
『「世紀の空売り」のバーリー氏、「インデックスファンド・バブル」に警鐘』の画像

バフェット太郎です。個人投資家から絶大な支持を得ている米国株情報サイト「モトリーフール」のスペシャルレポートに「市場下落に備えて検討すべき配当株5銘柄」との記事。このスペシャルレポートには、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことで、株式市場はリ

バフェット太郎です。米政府とFRBのコロナ対策によるマネーサプライ(通貨供給量)の膨張は、インフレを加速させつつあります。ただし、それは一部に限られているけれど。【米8月コア消費者物価指数】米労働省が発表した8月の米コア消費者物価指数は前年同月比1.7%と、前
『インフレでわかる、人気セクターと不人気セクター』の画像

バフェット太郎です。投資家は銘柄選択の指標として様々な投資指標を参考にするわけですが、とりわけ「長期投資」を前提とした場合、配当を重視した方が良さそうです。【保有期間別・パフォーマンスに対する貢献度:バリュエーション/配当成長率/配当利回り】(出所:Man I
『長期投資家にとって配当こそが富の源泉である理由』の画像

バフェット太郎です。米国株の暴落が始まりました。【ナスダック総合指数:日足】ハイテク株が多く含まれるナスダック総合指数の日足チャートを眺めると、トレンドラインも50日移動平均線も、そして1万0750ポイントのサポートライン(下値支持線)も下にブレイクアウトしたこ
『米国株の暴落 終わりの始まり』の画像

バフェット太郎です。16日、第99代内閣総理大臣に菅義偉氏が選出されました。菅首相は「自助、共助、公助、そして絆」を理念として掲げて総裁選に挑んだわけですが、これは元々防災や危機管理でよく使われる用語です。たとえば、災害が発生すれば、自分の身は自分で守る自助

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社、バークシャーハザウェイ(BRK.B)が、ウェルズ・ファーゴ(WFC)の持ち株を42%減らしたことが明らかになりました。そもそも、ウェルズ・ファーゴはバフェットが1990年に投資して以降、30年も保有し
『【悲報】バフェット、永久保有銘柄のウェルズ・ファーゴ株を投げ売り』の画像

バフェット太郎です。先日、孫正義氏率いる投資会社ソフトバンク・グループが、米ハイテク株のオプション取引で「コールオプション(買う権利)」を約40億ドル(約4200億円)分購入しました。そもそも「オプション取引」とは、将来、売買する権利を取引することです。たとえ

バフェット太郎です。8月30日に卒寿(90歳)を迎えた著名投資家ウォーレン・バフェット氏。彼の純資産は820億ドル(約8兆7000億円)にも上りますが、純資産のおよそ9割は65歳以上に積み上げられたものであることを考えると、資産の最大化には長寿が不可欠であることがわかり
『バフェット、富の形成には時間が必要』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏が日本の5大商社株に投資したことで、5大商社株である伊藤忠商事は4.19%高、丸紅9.48%高、三菱商事7.72%高、三井物産7.35%高、住友商事9.09%高と軒並み急騰しました。バフェット氏が日本株に投資したことで、
『バフェット、5大商社株への投資でコモディティの時代到来か』の画像

バフェット太郎です。投資の世界には完璧な法則は存在しないので、「最強の投資法を会得した」と考えるのは大きな間違いです。大抵の場合、そうした思い込みの後に起こる新たな事象が、その「最強の投資法」を台無しにするものです。たとえば、著名投資家ウォーレン・バフェ
『バフェットの師、グレアムに学ぶ「完璧な投資法」は存在しないということ』の画像

バフェット太郎です。複利の効果は凄まじく恐ろしい。たとえば、ここで三つのケースを例に挙げて考えてみたいと思います。①:毎年50万円の積立貯金をした場合②:100万円を年平均利回り7%で運用した場合(積立金はなし)③:➀と➁を組み合わせた場合(毎年50万円積立投資
『【投資哲学】複利効果は凄まじく恐ろしい』の画像

バフェット太郎です。モトリーフールのスペシャルレポートに『配当株探しの3つのヒントと注目3銘柄 』との記事。配当株に投資する際、いくつか気を付けたい点があります。それは、配当利回りは高ければ高いほど良いというわけではないことです。そもそも、高い配当利回りは株
『配当株投資で気を付けるべき3つのポイント』の画像

バフェット太郎です。FRB(米連邦準備制度理事会)が公表した7月のFOMC(連邦公開市場委員会)議事要旨によれば、FRBは「フォワード・ガイダンス」を導入する考えを示しました。「フォワード・ガイダンス」とは、物価や失業率に数値目標を設けて、それを達成するまで利上げを
『FOMC「フォワード・ガイダンス」導入検討 個人投資家が攻めるべき時が来た』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)が銀行株を大量に売却していることが明らかになりました。ウェルズ・ファーゴ(WFC)の保有株数は2億4000万株と、前回発表の3億2000万株から26%減少しました。バン
『バフェット氏、金融株を売り、金鉱株を買う』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社、バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)が第2四半期決算を発表しました。内容は悪かったです。EPSは予想2.14ドルに対して、結果2.28ドルと予想を上回りました。売上高は予想611億4000万ドルに対して、結
『バフェット、自社株買いを加速 手元資金の使い道を巡って苦肉の策』の画像

バフェット太郎です。ブルームバーグによれば、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の2020年第1四半期(4-6月期)の運用益は約12兆円超の黒字と、前四半期の約17兆7000億円の赤字から一転して過去最高の運用益を記録したとのこと。ちなみに、これまでの運用益は2016年第3
『GPIF、運用益が12兆円超の黒字 過去最高』の画像

バフェット太郎です。投資をするなら二流の会社の株を買うよりも、一流の会社の株を買った方が良いです。なぜなら、一流企業は競争優位性の高い事業を所有していることから、事業の立て直しが二流企業よりも比較的容易で、長期で保有し続けることができるからです。たとえば
『割安な二流企業の株ではなく、適正価格の一流企業の株を買うべき理由』の画像

バフェット太郎です。米写真用品大手のイーストマン・コダックの株価が一時+474%と大暴騰しました。【イーストマン・コダック(KODK):日足】結局、この日の終値は前日比318%高の33.2ドルと、2014年以来の高値で取引を終えました。株価が大暴騰した主な要因は、新型コロナ
『米写真用品大手コダック、株価一時+474%と大暴騰!!医薬品事業への期待感高まる』の画像

バフェット太郎です。 著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが、バンク・オブ・アメリカ(BAC)の株式を約8億1300万ドル(約870億円)分買い増したことが明らかになりました。バフェットにとってバンク・オブ・アメリカ株はアップル(A
『バフェット、不人気優良株のバンカメ株を870億円分買い増し』の画像

バフェット太郎です。何か大きなことをやろうと思ったら、長期的な見通しを持って考えたり計画を立てなければなりません。これは人生や仕事にだけ言えるのではなく、資産運用においても同じことが言えます。たとえば、米国の引退世代には億万長者がゴロゴロいるわけですが、
『【お金の哲学】「何か大きなことをやろうと思ったら、長期的な見通しを持たなければならない」』の画像

バフェット太郎です。米国株投資専門の投資情報サイト「モトリーフール」のスペシャルレポート(無料)に『伝説のファンドマネジャー、ピーター・リンチの9つの投資ヒント』はこれから個別株に投資しようと考えている人にとって必読です。そもそもピーター・リンチ氏とは、19
『伝説の投資家ピーター・リンチに学ぶ、9つの鉄則』の画像

バフェット太郎です。「人生100年時代」と呼ばれるかつてない高齢者会を迎えている中、平均寿命と健康寿命が延びていることは現役世代の投資家にとって朗報です。(出所:日本経済新聞)厚生労働省によれば、日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳、健康寿命は男性72歳、女性
『【長寿化】貧しい庶民には悲報だが、若く賢明な個人投資家には朗報か』の画像

バフェット太郎です。かつて数十年にわたって「債券王」として君臨(2014年に引退)したビル・グロース氏によれば、「短期的には、グロース株よりバリュー株を選好すべきだ」とのこと。そもそも代表的なグロース株であるFab5(脅威の5銘柄=フェイスブック、アマゾン・ドット
『元「債券王」ビル・グロースが高配当株を選好』の画像

バフェット太郎です。「人生100年時代」と言われる中で、人々の間でこれまで以上に格差が拡大するのは必然です。なぜなら、資本主義社会とは資本家(投資家)と労働者との間で、時間の経過とともに格差が拡大するようにデザインされていることがすでに証明されているからです
『大衆が自らの意志でお金持ちになる権利を放棄する理由』の画像

バフェット太郎です。バフェット太郎の投資戦略は「米国の超大型優良株に投資して配当を再投資し続ける」というものなのですが、この投資戦略について、「売り時」はいつ?と疑問に思っている人も少なくないと思います。結論から言えば、この投資戦略に「売り時」などなく、
『【投資哲学】優良株に”売り時”なし』の画像

バフェット太郎です。秘密主義として知られる伝説の投資家ジム・シモンズ氏のお気に入りセクターは「ヘルスケア」のようです。米ヘッジファンド大手ルネサンス・テクノロジーズの創業者シモンズ氏は、過去20年近く、年平均40%以上のリターンをたたき出すなど、運用成績では
『伝説の投資家ジム・シモンズ氏のお気に入りはヘルスケア株』の画像

バフェット太郎です。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2019年度の運用実績が8兆2831億円もの赤字になったことを発表しました。通年で赤字となるのは2015年度以来4年ぶりで、運用利回りは-5.2%と過去三番目に悪い成績でした。運用成績が振るわなかった主な要因は、3
『GPIF、2019年度8兆円の赤字で情弱憤慨』の画像

バフェット太郎です。著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社、バークシャー・ハザウェイ(BRK.A)の過去10年のパフォーマンスがS&P500種指数を大きく下回るなど、かつての勢いに陰りが見え始めています。【バークシャー・ハザウェイ対S&P500トータルリターンの推
『バフェット、かつての勢いに陰りか? S&P500を大きく下回る』の画像

バフェット太郎です。米連続増配高配当株への投資を巡っては、10%の外国所得税が課せられることから「日本株投資よりも不利」といった意見があります。しかし、米国株と日本株とでは10%の外国所得税を上回るほどのパフォーマンスの差があることを考えれば、そのコストを支
『【米連続増配高配当株投資】10%の外国所得税を過度に悲観する必要はない』の画像

バフェット太郎です。これまで投資をしてこなかった若者が、実際に投資を始めてみてわかることがあります。それは、「株式投資って全然儲からないじゃないか…」ということ。それもそのはず、株式投資の期待利回りは「年率平均7%+インフレ率」なので、インフレ率を2%とした
『すぐ投機に走る残念な若者たち』の画像

バフェット太郎です。投資家の中には配当株よりも無配株の方が良いと盲信している人たちがいます。たしかに、配当には税金が掛かりますから、配当を出さない無配株の方が税制上有利であることを間違いありません。しかし、これは「生存バイアスの罠」にハマっていると言える
『無配株や低配当株への長期投資がなぜ報われにくいのか』の画像

バフェット太郎です。米国で絶大な人気を誇る個人投資家向け情報サイト『モトリーフール』に「ポートフォリオの柱に据えたい米国高配当株3銘柄」との記事。そもそも、「高配当株投資」といっても単純に配当利回りの高い銘柄ならなんでも良いというわけではなくて、注意すべき
『「高配当株」に投資する際に注意すべき5つのこと』の画像

バフェット太郎です。「投資の初心者はハイテク成長株に投資すべき」Twitterでこんな言葉が聞こえ始めてぼくはゾッとした。なぜなら、相場の格言には「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」とあるから、誰もが強気になれる投
『【悲報】ハイテク株、過去10年で四度目の暴落が近づいている』の画像

バフェット太郎です。特定の投資対象や投資スタイルを過去10年のパフォーマンスで評価して、他人の投資スタイルにケチをつける詐欺師がいるから改めて書いておくけれど、特定の投資対象や投資スタイルをたかだか過去10年のパフォーマンスで評価することなどできません。【S&P
『【詐欺師必読】特定の投資対象や投資スタイルを過去10年のパフォーマンスで評価する奴は情弱か詐欺師だけ』の画像

バフェット太郎です。個人投資家の中には「高配当株」に投資するよりも「無配株」に投資した方が報われやすいと考える人たちがいます。「たとえ配当利回りが5%の高配当株でも、株価がそれ以上値下がりするのなら、高配当株への投資は意味がないし、企業は利益を事業に再投資
『【情弱必読】高配当株に比べて無配株が報われるという嘘』の画像

バフェット太郎です。これから米国株投資を始めてみようと考えている人の中には「為替リスクがあるから危ない」と考えている人も少なくありません。たしかに、株価の下落に加えて為替まで下落すれば、指数以上に下落するのは事実ですから、為替リスクがあると言えるのは間違
『米国株投資、為替リスクを懸念するのは情弱』の画像

バフェット太郎です。世界最大のヘッジファンド運用会社ブリッジウォーター・アソシエイツの顧客向けリポートによれば、これまで数十年にわたって先進国の収益性を高めた最大の要因である「グローバル化」はピークを過ぎ、現在は米中貿易摩擦と新型コロナウイルスのパンデミ
『世界最大のヘッジファンド「株式投資は『失われた10年』到来」と警告』の画像

バフェット太郎です。世の中には資産運用について、「若者は資産運用をすべきだ」という肯定派と「若者は資産運用なんかせずに自分に投資すべきだ」という否定派が存在します。肯定派の主な意見は、「資産運用は複利効果が得られるから、時間という最大の武器を持つ若者ほど
『若者は資産運用をすべきか、あるいは自分に投資すべきか』の画像

バフェット太郎です。株式投資の世界では、S&P500インデックスファンドのインフレ調整済みトータルリターンが年平均7%程度と言われているので、毎年50万円の積立投資を40年続けることができれば、誰でも億万長者になることができます。すると、多くの人々は「毎年50万円も積
『【米国株投資】長期的に見れば年平均10%の利回りが期待できるも、過去50年で8%~12%の利回りを確保したのはわずか三回』の画像

バフェット太郎です。クソダサい個人投資家ほど、値下がりする株をクソ株と切り捨て投げ売りするものです。しかし、賢明な投資家ほど株価の低迷を味方につけて、愚直に積立投資をすることで長期的な資産形成に成功しています。そもそも、株式投資の本質は事業のオーナーにな
『【投資哲学】農場に投資するように株に投資するということ』の画像

バフェット太郎です。カーネギー・メロン大学のアレックス・イマス准教授によれば、「人は含み損を抱えると、より大きなリスクを取る傾向にある一方、損失が確定すると、その後はリスクをあまり取らなくなる傾向にある」とのこと。たとえば、ポーカーゲームなどのカードゲー
『人は含み損を抱えると大きなリスクを取るなど投機に走る傾向がある』の画像

バフェット太郎です。12日のNYダウ株式市場は、史上4番目の下げ幅を記録した前日から一転して477.37ドル(1.90%)高の2万5605.54ドルと急反発して取引を終えました。上昇した主な要因は、安値拾いの買いが優勢となったためです。ただし、ダウ平均の窓が埋まっていないこと、
『次の景気拡大局面は100カ月続く理由』の画像

バフェット太郎です。人生100年時代と言われる中、将来に備えた資産形成として、株式だけでなく債券やREIT、コモディティに積立分散投資する人がいます。しかし、債券などへの分散投資は長期的なリターンを押し下げるだけなので、情弱の投資戦略です。事実、ジェレミー・シー
『債券に長期積立投資する残念な個人投資家たちへ』の画像

バフェット太郎です。FRB(米連邦準備理事会)がFOMC(連邦公開市場委員会)で、「少なくとも2022年末までゼロ金利を維持する」として、長期の金融緩和方針を表明しました。FRBは2013年にベン・バーナンキFRB議長(当時)が量的緩和縮小を示唆したことでテーパー・タントラム
『【朗報】FRB「少なくとも2022年末までゼロ金利を維持する」と表明 米国株は金融相場へ』の画像

バフェット太郎です。著名投資家スタンリー・ドラッケンミラー氏がCNBCのインタビューで「FRBを過小評価していた。謙虚になるべきだ」と話しました。一カ月前の講演では「米経済のV字回復は空想だ」と話していたので、相場見通しを180度変えたことを意味します。つまり、弱気
『著名投資家スタンリー・ドラッケンミラー氏、弱気派から強気派に転向へ』の画像

バフェット太郎です。先日、NBER(全米経済研究所)が米景気後退入りを宣言して、2009年6月から始まった景気拡大局面は128カ月と過去最長を記録して幕を閉じたわけですが、多くの投資家の関心は「二番底はいつ訪れるのか?」そして「株価はいつ底打ちするのか?」ということ
『株価が底打ちしてから景気拡大局面入りするまでのタイムラグ』の画像

バフェット太郎です。どのような投資戦略で挑むかを決める際、多くの投資家は長期的に市場をアウトパフォームした実績で知られる数々の戦略に従おうとするものです。かくいうバフェット太郎も連続増配株に投資しているわけですが、これも過去の経験則に従えば、長期的に見れ
『あなたの投資戦略のパフォーマンスは思った以上に「運」で決まる』の画像

バフェット太郎です。NBER(全米経済研究所)が米景気後退入りを宣言し、過去最長の米景気拡大局面に幕を閉じました。NBERとは、経済学における実証分析の研究に特化した組織で、米国のノーベル経済学賞受賞者の半数以上が在籍しています。通常、リセッション入りの宣言は、
『【リセッション】全米経済研究所が景気後退入りを宣言』の画像

↑このページのトップヘ