バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

中国

バフェット太郎です。ネット通販最大手のアリババ・グループHD(BABA)が中国当局から3000億円の罰金を科されました。これは独占禁止法違反として過去最大の罰金額で、アリババの前期の純利益2兆5000億円の約12%に相当する額になります。当局は「アリババが支配的な地位を
『アリババ株、巨額の罰金で株価が急騰した理由』の画像

バフェット太郎です。ウォールストリート・ジャーナルによると、中国政府が電子商取引大手アリババ・グループ(BABA)に対して、中国版ツイッターの「微博(ウェイボ)」など、所有するメディア資産の売却を要請したとのこと。アリババはウェイボのほかに、香港英字紙サウス
『アリババとテンセントに規制強化の逆風』の画像

バフェット太郎です。銅や鉄鉱石、石炭をはじめとしたコモディティ関連株の冴えない展開が続いています。具体的な銘柄を挙げるとフリーポート・マクモラン(FCX)やヴァーレ(VALE)などです。【銅先物価格:日足】銅先物価格は50日移動平均線まで値下がりし、ここから反発す
『中国製造業失速でコモディティ急落も一時的な問題か』の画像

バフェット太郎です。ウォールストリート・ジャーナルによれば、TikTokのライバルで、中国ハイテク大手のテンセントが出資する「快手」が近く香港市場でIPOするそうです。快手は2011年にGIF(チャットで使用されるアニメ画像)作成アプリとしてローンチされましたが、現在は
『テンセント傘下で第二のTikTok「快手」が間もなくIPOされる』の画像

バフェット太郎です。台湾の優良株、台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング(TSM)は世界的な半導体需要の増加を背景に株価が急騰しています。【台湾セミコンダクター(TSM):週足】半導体の需要はとりわけ自動車を中心に不足していて、米国、日本、ドイツなど各国
『台湾の優良株、台湾セミコンダクターは対中制裁の恩恵を受ける』の画像

バフェット太郎です。中国の電子商取引最大手アリババ・グループ(BABA)の創業者ジャック・マー氏が慈善活動を目的としたイベントでビデオ演説したことを受けてアリババ株が急騰しました。マー氏は2020年10月下旬に中国の金融当局を批判して以降、公の場から突如として姿を
『ジャック・マーが姿を現し、アリババの調整局面は終了へ』の画像

バフェット太郎です。米政府はアリババ(BABA)、テンセント、バイドゥ(BIDU)の3社に対して、投資禁止の対象銘柄に追加しない方針を固めました。米政府はかねてから「中国軍関連企業」とつながりがあるとみられる企業をリスト化し、対象企業への投資を禁止する方針を示し
『米政府「アリババ、テンセント、バイドゥ、投資禁止はしない」』の画像

バフェット太郎です。NY証券取引所が中国通信大手チャイナ・モバイル(CHL)、チャイナ・テレコム(CHA)、チャイナ・ユニコム(CHU)の3銘柄の売買を停止させました。これは米投資家による「中国軍関連」企業への投資を禁止する米大統領令による措置です。これにより、ADR
『中国通信大手3銘柄売買停止へ 中国株ETFはクソETFに成り下がるか』の画像

バフェット太郎です。中国の規制当局が、電子商取引大手のアリババ・グループ(BABA)が独占禁止法に違反しているとして調査に乗り出しました。アリババはかねてから一部の出店業者に対して、自社プラットフォームの「タオバオ」や「Tモール」でのみ運用するよう圧力をかけて
『アリババ、独占禁止法違反の疑いで株価暴落』の画像

バフェット太郎です。中国の規制当局がネット起業への規制を強化しており、中国ハイテク株の新たなリスク要因になっています。たとえば、中国当局はアリババ(BABA)やテンセントの子会社などに対して「M&Aの際に当局への申請がなかったことは独占禁止法にあたる」として罰金
『中国ハイテク株の急落 中国を牛耳っているのは誰か?』の画像

バフェット太郎です。アリババ(BABA)傘下の金融会社アント・グループが11月5日に予定していた上場を延期しました。これは、規制環境の変化によって、アントが上場する資格がないと判断されたためです。ちなみに、調達額は香港と上海の二つの市場で合計345億ドル(約3兆6000
『金融帝国アント、史上最大のIPOは延期 規制強化で成長鈍化か』の画像

バフェット太郎です。米中新冷戦時代を迎える中、中国の不動産バブルは弾けるどころかむしろ膨張しています。【中国住宅価格指数(対前年比)】中国の6月住宅価格指数は前年比で+4.9%と、伸びが鈍化しているものの依然として高水準で推移しています。なぜ、米中新冷戦時代に
『コロナ禍の中で中国不動産バブルが膨張する理由』の画像

バフェット太郎です。中国が米中新冷戦時代に備えて半導体の国産化を加速させています。【中芯国際集成電路製造(SMICY):週足】米中ハイテク覇権を巡って「半導体」は非常に重要な部品であるわけですが、その「半導体」を製造するためには高度な最新技術が必要で、中国はこ
『米中新冷戦時時代を迎える中、中国の半導体株が大暴騰する理由』の画像

バフェット太郎です。中国政府は全人代(全国人民代表大会)で反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の制定方針を採択して閉幕しました。これにより香港で「言論の自由」が中国本土同様に制限されるため、共産党を批判すれば逮捕されるほか、「天安門事件」など中国政府にと
『香港「一国二制度」の崩壊で中国マネーは○○に向かう』の画像

バフェット太郎です。マイク・ポンペオ国務長官が「香港が中国からの自治を失った」とし、「一国二制度」が覆ったことを正式に判断しました。また、トランプ大統領は「週末までにとても強力な内容を知らせる」とした一方、中国は報復することを示唆しているため、米中冷戦が
『米国務省「香港は自治を失った」 香港「一国二制度」崩壊で、世界は「脱・チャイナ」の動きを加速させるか』の画像

バフェット太郎です。「中国のスタバ」と呼ばれている中国コーヒーチェーンのラッキー・コーヒー(LK)が、不正会計により経営破綻する可能性が高まっています。2019年5月にナスダックに上場したラッキン・コーヒーは、2019年第2四半期(4-6月期)から第4四半期(10-12月期
『【中国のスタバ】ラッキン・コーヒーは経営破綻か』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウィルスの感染拡大を巡って、中国経済が壊滅的な打撃を受けています。中国国家統計局が発表した2月のPMI(製造業購買担当者景気)は予想46.0に対して、結果35.7と予想を大きく下回り、過去最低を記録しました。これまでの過去最低は2008年11
『中国の製造業は壊滅の危機 米経済のリセッションリスクが高まる』の画像

バフェット太郎です。中国発の新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、春節明けの中国株式市場は春節前と比べて7.7%安と暴落し、元ドル相場も1ドル7元台と2019年12月以来の安値をつけました。ただし、中国人民銀行が公開市場操作(オペ)で1兆2000億元(約18兆7000億円)の
『中国株7.7%安、投資家は狼狽売りに走るな!』の画像

バフェット太郎です。【ダウ平均:日足】中国発の新型コロナウイルスによる感染拡大を受けて、1月31日のNYダウ株式市場は前日比-603.41ドル(-2.09%)の2万8256.03ドルと急落して取引を終えました。ダウ平均は50日移動平均線を下回ったことで、200日移動平均線である2万7023
『【悲報】週明け月曜日、中国株の大暴落は必至か』の画像

バフェット太郎です。中国経済の成長が失速するなか、社債デフォルト(債務不履行)がこれまで救済されると信じられていた国有企業にまで広がるなど、危機が一段と深刻化しつつあります。報道によれば、天津市が所有する商品取引会社、天津物産集団がドル建て社債でデフォル
『【危機】中国国有企業、デフォルト相次ぎ危機が深刻化している』の画像

バフェット太郎です。中国経済の成長鈍化が止まりません。【中国固定資産投資(前年比)】中国国家統計局が発表した10月の固定資産投資(前年比)は予想5.4%に対して、結果5.2%と予想を下回りました。固定資産投資とは工場の設備投資やマンション建設などへの投資のことで
『【悲報】中国経済が息を引き取りつつある』の画像

バフェット太郎です。中国経済が悲鳴を上げています。中国国家統計局が発表した中国GDP(国内総生産)対前年比は予想6.1%に対して、結果6.0%と予想を下回り、1992年以降最低記録を更新しました。【中国GDP(国内総生産)対前年比】米中貿易戦争激化に伴う輸出の低迷や、投
『【中国GDP】6%成長と、1992年以来最低記録を更新!』の画像

バフェット太郎です。中国税関総署が発表した中国の輸出(対前年比)は予想-3.0%に対して、結果-3.2%と予想を下回りました。これは2月の-20.7%以来7カ月ぶりの大幅な減少となりました。ちなみに、2月の大幅な減少は旧正月(春節)といった季節性要因によるものです。中国
『【悲報】米中貿易戦争激化で中国貿易は一段と悪化! 中国は次の経済危機の発端となるか』の画像

バフェット太郎です。8日のNYダウ株式市場は前日比-313.98ドル(-1.19%)安の2万6164.04ドルと続落して取引を終えました。下落した主な要因は、米国が中国政府機関や一部の企業に対して禁輸措置を発表したほか、中国当局者に対してビザ規制を課したことで、米中貿易戦争が一
『【習近平危うし】中国株暴落へのカウントダウン』の画像

バフェット太郎です。報道によれば、トランプ政権が米国の証券取引所に上場している中国株の廃止と、米国年金基金の中国株の保有規制を検討しているとのこと。これを受けてアリババ・グループ・ホールディングス(BABA)は-5.15%、JD.COM(JD)は-5.95%安と急落しました。
『【中国株暴落】トランプ政権、中国投資禁止を検討で』の画像

バフェット太郎です。米中貿易戦争が激化する中、中国の経済指標は一段と悪化しました。中国国家統計局が発表した8月の鉱工業生産指数は予想5.2%増に対して、結果4.4%増と予想を大きく下回りました。前月が4.8%増と、2002年以来およそ17年ぶりの低水準を示したことから、8
『【悲報】中国鉱工業生産は17年半ぶりの低い伸び 景気減速に歯止めがかからず』の画像

バフェット太郎です。中国経済がガタガタと音を立てて崩れ始めています。中国人民銀行が発表した7月の新規人民元建て融資は予想1兆2750億元に対して、結果1兆0600億元と予想を下回りました。アナリスト予想を下回ったのはこれで4カ月連続です。米中貿易戦争が激化する中、中
『崩れ始める中国経済』の画像

バフェット太郎です。中国人民元が08年3月以来、およそ11年ぶりに1ドル7元の大台を割り込みました。【人民元(対ドル):2011-2019】これまで人民元が1ドル7元を割り込もうとする場面が16年12月と18年10月の二回ありました。しかし、その度に中国人民銀行が為替介入に動くな
『中国人民銀行、人民元安容認で1ドル7元の大台を割り込む』の画像

バフェット太郎です。銅の暴落が始まった。【銅先物価格(週足)】銅先物価格は前日比-3.53%安の2.57ドルと、200週移動平均線を割り込んで取引を終えました。そもそも銅は電気伝導性が高いことから、自動車やパソコン、携帯電話、住宅、産業用機械など様々な製品の生産に欠
『【悲報】ついに銅の暴落が始まった。』の画像

バフェット太郎です。ウォールストリート・ジャーナルによれば、中国で保険や不動産、航空機リース業を手掛けるコングロマリット(複合企業)の中国民正投資集団が8月2日にも社債デフォルト(債務不履行)に陥るとのこと。規模は今年最大級となり、中国の経済危機が始まりつ
『【悲報】銅の暴落は中国の経済危機を予言か』の画像

バフェット太郎です。米中貿易戦争の悪影響を受けて中国経済の成長鈍化は鮮明となり、近く中国当局による一段の景気刺激策が打ち出されるとの見方が広がっています。【中国GDP(国内総生産):対前年比】中国国家統計局が発表した第2四半期のGDP(国内総生産)は予想6.2%に
『【貿易戦争】中国経済の成長鈍化で一段の景気刺激策か ただし積み上がる借金の山は新たなリスクとなる』の画像

バフェット太郎です。米中貿易戦争の激化に伴い、中国経済が大きく後退しつつある兆候が示されました。【中国鉱工業生産指数】中国鉱工業生産指数は予想5.4%に対して、結果5.0%と予想を下回り、およそ17年ぶりとなる低水準を記録しました。「自動車」が前年比-22%と大きく
『米中貿易戦争激化で中国経済は大きく後退している』の画像

バフェット太郎です。米中貿易戦争が激しさを増す中、中国はズブズブと深みにハマり追い詰められています。そもそも、2018年の中国の対米輸出額が5390億ドルだったのに対して、米国の対中輸出総額は1200ドルと、相手国への依存度は中国の方が4倍以上大きいです。さらに中国の
『【米中貿易戦争】中国の最終兵器「レアアース砲」の衝撃』の画像

バフェット太郎です。ナスダック総合指数が一時1.8%安と急落するなど、ハイテク株を中心にマーケットが揺れています。ハイテク株が急落した主な要因は、アルファベット(GOOGL)傘下のグーグルや半導体大手のインテルやクアルコムなどが、中国通信機器大手のファーウェイ(
『【悲報】米ハイテク大手、ファーウェイに死刑宣告か』の画像

バフェット太郎です。米中貿易戦争を巡る懸念が和らいだことで、株が買い戻されました。14日のNYダウ株式市場は前日比+207.06ドル(+0.82%)高の2万5532.05ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、米中貿易戦争を巡り、両国から協議に前向きな発言があったこ
『中国株の暴落は近いか』の画像

バフェット太郎です。米中貿易戦争で揺れる中、10日のNYダウ株式市場は前日比+114.01ドル(+0.4%)高の2万5942.37ドルと上昇して取引を終えました。上昇した主な要因は、米中貿易協議が合意に至らず、物別れに終わったものの、トランプ大統領が「建設的な対話だった」だった
『米中貿易戦争激化で中国株投資は悲惨な結末を迎えるか 』の画像

バフェット太郎です。9日のNYダウ株式市場は一時、前日比-400ドル安と急落する場面がありましたが、結局は-138.97ドル(-0.54%)安の2万5828.36ドルと下げ幅を縮小して取引を終えました。下げ幅を縮めた主な要因は、トランプ大統領が「習近平国家主席から非常に美しい手紙を
『【米中貿易協議】予想される3つのシナリオ』の画像

バフェット太郎です。9日のNYダウ株式市場は序盤、米中貿易戦争を懸念して売りが優勢となり、400ドルを超える下げ幅を記録しています。中国商務省は米国との貿易戦争において「中国の姿勢は一貫しており、いかなる圧力にも屈しない」とし、「起こり得るあらゆる事態に対して
『米中貿易協議が決裂も、狼狽売りは禁物』の画像

バフェット太郎です。米中閣僚級協議を直前に控える中、ダウ平均は+2.24ドル(+0.01%)高の2万5967.33ドルとほぼ横ばいで取引を終えました。米中貿易協議を巡って楽観的な見方が広がったことで、一時140ドルを超える場面が見られたものの、取引終盤の最後の30分で上昇分をす
『「銅/上海総合株価レシオ」で見る中国株の暗い未来』の画像

バフェット太郎です。米中貿易摩擦の激化を巡る懸念で、ダウ平均は-473.39ドル(-1.79%)安の2万5965.09ドル、S&P500種指数は-48.42ポイント(-1.65%)安の2884.05、ナスダック総合指数は-159.53ポイント(-1.96%)安の7963.76と、大きく値を下げて取引を終えました。投資
『【中国の難題】解決不能で失速する世界経済』の画像

バフェット太郎です。トランプ大統領が中国との通商協議の進展が遅いことを理由に、今月10日にも関税率を引き上げると表明しました。これを受けて、上海総合株価指数は-5.5%安と急落し、人民元も急落しました。トランプ大統領は2000億ドル相当の中国製品に対して関税率を10
『中国人民銀行、人民元の暴落を阻止できるか』の画像

バフェット太郎です。中国景気に底入れの兆しが見えています。中国国家統計局が発表したGDP(国内総生産)は前年同期比予想+6.3%に対して、結果+6.4%と予想を上回りました。GDPは世界金融危機以来10年ぶりの低水準を記録していますが、前四半期からは横ばいと、これまでの
『【中国株】バブルへGO!!』の画像

バフェット太郎です。4月3日~5日の日程で開催された閣僚級の米中通商協議が終わりました。今回の協議でも両者の溝が埋まることはなく、交渉は長期化の様相を呈するなど地政学リスクが高まっています。すでに貿易摩擦の影響が経済に波及し、景気減速懸念が高まっている中国は
『【米中通商協議は長期化へ】中国の株高は短命か』の画像

バフェット太郎です。米中貿易摩擦が続く中、中国経済の減速は深刻なものになりつつあります。中国国家統計局が発表した中国鉱工業生産は前年比で予想5.5%に対して、結果5.3%と予想を下回り、およそ17年ぶりの低い伸び率に留まりました。小売り売上高は前年比で予想8.1%に
『中国不動産市場にバブルの兆候か』の画像

バフェット太郎です。中国国家統計局が発表した中国の輸出額は、対前年比で-20.7%減少したことで投資家らを驚かせました。ただし、この季節は毎年指標が激しく動く傾向があるので、過度な悲観は禁物です。過去三年間の中国の輸出額(対前年比)を振り返ると、毎年1月から3月
『【悲報】中国の輸出額激減で中国経済の崩壊は近いか』の画像

バフェット太郎です。25日の上海総合指数は前日比+157.06ポイント(+5.6%)高の2961.28ポイントと急騰し、強気相場入りしました。中国株式市場が急騰した主な要因は、米中貿易摩擦を巡る楽観的な見方が好感されたほか、中国政府がバブル政策に舵を切ったためです。中国は米
『【中国株】始まるバブル相場、中国経済は悲惨な結末を迎えるか』の画像

↑このページのトップヘ