バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

仮想通貨

バフェット太郎です。ビットコインは今年10万ドルの大台を突破し、2026年頃には100万ドルを突破することが一部で予想されています。【ビットコインの長期見通し】つまり、1BTC保有していれば税引き後利益で数千万円のマイホームが購入できてしまう計算になります。まるで17
『ビットコイン28%安と急落も、長期的に見れば100万ドル突破か』の画像

バフェット太郎です。ビットコイン価格が一時4万0400ドルと、4万ドルの大台を突破しました。【ビットコイン:2020-2021】2020年3月、コロナショックで一時62.4%安と急落する場面がありましたが、その後V字回復を果たし、ついに安値から「テンバガー(10倍高)」となりまし
『【祝】ビットコインが一時4万ドルを突破!』の画像

バフェット太郎です。SEC(米証券取引委員会)がリップル社に対して証券法違反として提訴したことを受けて、XRPが直近の高値0.84ドルから一時0.21ドルと、74.6%安と大暴落する場面がありました。【リップル:日足】SECはリップル社や同社のブラッド・ガーリングハウスCEO、
『リップル大暴落によるビットコインへの影響』の画像

バフェット太郎です。ビットコイン価格が一時2万3700ドルと、2017年の高値1万9870ドルを上回り史上最高値を更新しました。ビットコイン価格が上昇している主な要因は、米機関投資家による相次ぐビットコイン市場の参入に加えてドル指数が急落していることなどが挙げられます
『ビットコインが2万3700ドルと過去最高値更新! 価格が急騰した理由』の画像

バフェット太郎です。世界最大級のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者レイ・ダリオが暗号資産ビットコインに対してポジティブな見方を明らかにしました。レイ・ダリオはかねてから「ビットコインの将来性には問題がある」とするなど否定的な見方をし
『レイ・ダリオ、ついにビットコイン強気派に寝返る笑』の画像

バフェット太郎です。ブルームバーグが発行する仮想通貨レポート「クリプト・アウトルック」によれば、ビットコイン価格は2021年に4万ドル、2022年には5万5000ドルに達するとのこと。同レポートにようれば、2020年のビットコイン市場について「米仮想通貨投資ファンド大手の

バフェット太郎です。ビットコイン価格が一瞬で3218ドル(16.5%)安と大暴落しました。今回の暴落はこれからビットコインに投資しようと考えている個人投資家に取って絶好のチャンスとなるかもしれません。【ビットコイン:日足】ビットコイン価格は一時1万6270ドルと、暴落
『ビットコインが大暴落している理由』の画像

バフェット太郎です。ビットコイン価格が1万8000ドルを上回ったことで時価総額が過去最大となりました。スクエアやマイクロストラテジーなど米ハイテク企業がビットコインに投資したほか、ペイパルが仮想通貨サービスに参入したことへの期待感などが、価格上昇に弾みをつけて
『ビットコインの時価総額過去最大も個人投資家が熱狂していないワケ』の画像

バフェット太郎です。トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染し、その後症状が悪化していることが明らかになりました。そのため、大統領選への影響は必至で、15日に予定されていた第2回テレビ討論会はキャンセルする可能性が高いです。また、賭けサイトでのトランプの勝
『【大悲報】トランプ、コロナ陽性でビットコインが暴落したワケ』の画像

バフェット太郎です。英国の名門ケンブリッジ大学のオルタナティブ金融センターの研究レポートによれば、世界でビットコインなど仮想通貨を保有している人が1億人を突破したとのこと。これまでの累計口座数は1億9100万件で、1人で複数の口座を持つケースを除外したユニーク
『ビットコインの強気相場が続く理由』の画像

バフェット太郎です。先日、元ヘッジファンドマネジャーで米経済番組CNBCの名物キャスターであるジム・クレイマー氏が「純資産の1%を仮想通貨ビットコインに投資するかもしれない」と発言しました。CNBCの『マッド・マネー』で司会を務めるクレイマー氏は、「私は、今後か
『【朗報】ジム・クレイマー「仮想通貨への『1%投資法』を試してみようと思う」』の画像

バフェット太郎です。仮想通貨情報サイトの「コインポスト」によれば、米資産運用大手で名門のフィデリティがビットコインファンドの提供を開始する可能性が高いとのこと。報道によれば、フィデリティのビットコインファンドは集団投資スキームで運用され、参加に必要な最低
『【朗報】米運用大手の名門フィデリティが、ついにビットコインファンドを立ち上げか』の画像

バフェット太郎です。ビットコインがレジスタンス(上値抵抗線)を上にブレイクアウトしたことで「買い」シグナルが出ました。【ビットコイン(週足):2017-2020】ビットコインはこれまで三角保ち合いを形成しておりレジスタンスに抑えられていましたが、それを上に大きく
『【祝】ビットコイン1万1000ドル突破で「買い」シグナル【2年半ぶり強気トレンドへ】』の画像

バフェット太郎です。世界的なマネーの膨張は次世代の安全資産であり「デジタル・ゴールド」の異名を持つビットコインを押し上げる公算が大きいです。【日米欧のマネーストック(前年同月比)】(出所:日本経済新聞)コロナ禍による経済再生を目指すため、日米欧のマネース
『ビットコインへの長期投資が報われる理由』の画像

バフェット太郎です。ビットコインのボックス相場が続く中、出来高が減少傾向にあることから、調整局面を迎える可能性が高まっています。【ビットコイン:週足】これは2018年のボックス相場でもそうだったのですが、ボックス相場が続く中で出来高が減少していたことから、そ
『ビットコイン、短期的に下落リスク高まるも、長期的に強気になれる3つの理由』の画像

バフェット太郎です。安全資産の金価格が1オンス1800ドルを突破し、2011年につけた史上最高値1923.70ドルからそう遠くない水準まで上昇しています。その一方で、次世代の安全資産でデジタル・ゴールドの異名を持つビットコイン価格は9218ドルと、2017年末に付けた過去最高値
『ビットコイン、膠着状態は最終局面へ 近く急変動か』の画像

バフェット太郎です。経済危機の最中にあるレバノンで、法定通貨レバノン・ポンドの暴落が止まりません。米ワシントンポスト紙によれば、ブラックマーケットでは政府レートのおよそ4.7倍にあたる1ドル7000レバノン・ポンドで取引されており、これは昨年10月の1ドル3万1820レ
『レバノンの貧困率は50%へ 新興国で高まるビットコインへの需要』の画像

バフェット太郎です。1991年以降、15年連続でS&P500種指数をアウトパフォームした記録を持つ、伝説の投資家ビル・ミラー氏がメディアの取材に対して、ビットコインの将来性に強気の見方を示していることを明らかにしました。ミラー氏は、過去に自信が運営する投資ファンド「M
『伝説の投資家ビル・ミラー氏「仮想通貨ビットコインは強気だ」』の画像

バフェット太郎です。JPモルガンが6月12日に発表したレポートによれば、米国株は今後+47%の上昇が期待できるとのこと。これは、ダウ平均が3万5000~4万ドルを目指すことを意味するわけですが、その根拠として、FRB(米連邦準備制度理事会)による「ゼロ金利政策」と「無制限
『【朗報】JPモルガン、米株大暴騰を予想 ダブついたドルがビットコイン市場に流入する公算が大きい』の画像

バフェット太郎です。米大手資産運用会社のフィデリティの調査によれば、774の機関投資家のうち、36%がビットコインなどの仮想通貨に投資しているとのこと。また、回答した機関投資家の20%が「仮想通貨は魅力的な資産クラスではない」と答えた一方で、60%が「デジタル資産
『【朗報】機関投資家の91%が「5年先には仮想通貨をポートフォリオに組み入れる」と回答 莫大な資金流入でビットコイン価格は大暴騰するか』の画像

バフェット太郎です。ビットコイン価格は先週1万ドルの大台を突破したもののその後急落し全戻しになるなど「シンプソンズチャート」を形成しました。【ビットコイン:円建て】シンプソンズチャートとは、米アニメキャラクター、バート・シンプソンズの頭の形に似ていることか
『ビットコイン1万ドルの大台突破も大口投資家による「ストップ狩り」で全戻し』の画像

バフェット太郎です。ビットコインが1万ドルの大台を突破し、2017年から続く長期停滞相場から脱しつつあります。【ビットコイン(円)】円建てのビットコイン価格は一時111万円に達しました。これは2020年2月24日以来、およそ3カ月ぶりの水準です。ビットコインが急騰してい
『【転換】ビットコイン、長期停滞相場から脱し、長期強気相場入りへ』の画像

バフェット太郎です。次世代の安全資産ビットコイン(BTC)は、1万9870ドルのピークを付けた2017年末から約900日が経過しようとしており、調整局面に終わりの兆しが見えつつあります。【ビットコイン(週足)】2017年以降のビットコインチャートを眺めると、三角保ち合いを形
『【朗報】ビットコイン、900日に及ぶ調整局面終わり、間もなく2万4444ドルをターゲットに大暴騰か』の画像

バフェット太郎です。米仮想通貨投資ファンド大手のグレイスケールによれば、仮想通貨の運用資産額が38億ドルと前年同月の21億ドルから80%増加し、過去最高に達したとのこと。これはビットコイン価格が一年前の7500ドルから9500ドルと約27%高と値上がりしたほか、「コロナ
『「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏はビットコインは3年後に7万5000ドルに達すると予想』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて、世界各国がロックダン(都市封鎖)を発令したこと、さらに経済活動の停止を受けて原油需要が激減したことで、新興国経済が壊滅的な打撃を受けています。とりわけトルコは観光客が7割近く減少
『【朗報】新興国でビットコイン需要が爆増!!自国通貨の大暴落受けて』の画像

バフェット太郎です。伝説的で秘密主義の投資家ジム・シモンズ率いる大手ヘッジファンド、ルネサンス・テクノロジーズがビットコイン投資に参入したことが米SEC(証券取引委員会)に提出した資料で明らかになりました。シモンズ氏は数学者として「チャーン・シモンズ理論」を
『伝説の投資家ジム・シモンズ氏がビットコイン投資に参入!!』の画像

バフェット太郎です。次世代の安全資産と呼ばれ、「デジタル・ゴールド」の異名を持つ「ビットコイン」が一時1万ドルを突破するなど、コロナショック前の水準まで値を戻しました。ビットコインが急騰している主な要因は、政府による景気刺激策の一環として給付金が配られたこ
『【祝】ビットコイン1万ドル突破!著名投機家ジョーンズ氏「ビットコインはまるで1970年代のゴールドのようだ」』の画像

バフェット太郎です。ビットコインが一時9000ドルの大台を突破し、円建てでは100万円の大台を突破しました。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によりロックダウン(都市封鎖)が発令したことで、在宅勤務をしている個人投資家たちの投資マネーがビットコイン
『【祝】ビットコイン一時100万円の大台を突破』の画像

バフェット太郎です。米仮想通貨投資ファンドのグレイスケールによれば、同社が提供する仮想通貨投資信託の2020年第1四半期流入額は5億0370万ドルと、四半期としては過去最高を記録したとのこと。とりわけビットコイン投資信託が人気で、流入額のおよそ8割を占めています。ま
『【朗報】ビットコイン投資信託の資金流入額が過去最高に【機関投資家が群がる】』の画像

バフェット太郎です。5月に半減期を迎えるビットコインに最後の買い場が訪れるかもしれません。【ビットコイン:日足】ビットコインの日足チャートを眺めると、3月の安値3949ドルから74%高の6880ドルと急反発しているものの、50日移動平均線に抑えられるようにして下落に転
『【朗報】ビットコインの大暴騰を直前に控え、絶好の買い場が訪れるか』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中、安全資産とされるデジタル・ゴールドのビットコインは6932ドルと、直近の安値3949ドルから75.5%高の大暴騰を演じています。「コロナショック」を受けて金融市場が大混乱する中、安全資産と
『【大転換】ビットコインは200週移動平均線を反発して強気相場入り!ビットコインの半減期が価格を押し上げる!』の画像

バフェット太郎です。「コロナショック」により、世界の株式氏市場が大暴落する中、安全資産とされる債券や金、そしてデジタル・ゴールドのビットコインも暴落しました。ただし、これは債券や金、ビットコインが安全資産ではないというわけではなくて、株で損失を抱えたトレ
『【朗報】安全資産の金とビットコインが再び輝き始める』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けて、リスク資産である株式のほか、安全資産である債券や金、そしてデジタル・ゴールドの異名を持つビットコインまで暴落しました。ビットコインは直近の高値1万0500.54ドルから、一時62.4%安の3
『【反転】デジタル・ゴールドのビットコインはすでに底打ちか!!』の画像

バフェット太郎です。新型コロナウイルスの感染拡大を巡って、米国株式市場が大きく乱高下する中、次世代の安全資産で「デジタル・ゴールド」の異名を持つビットコインが堅調に推移しています。【ビットコイン(ドル建て):週足】ビットコインの週足チャートを眺めると、50
『【目標2万6525ドル】恐怖の中で輝く次世代の安全資産「ビットコイン」』の画像

バフェット太郎です。先週、ダウ平均が週間ベースで2008年の金融危機以来大幅な下げ幅を記録する中、安全資産とされる金が4.98%安と売られたほか、ビットコインに至っては12.61%安と暴落しました。しかし、これは何も金やビットコインに安全資産としての価値がないと言うわ
『【朗報】ビットコインの暴落が絶好の投資機会になり得る理由』の画像

バフェット太郎です。ダウ平均の急落が止まりません。新型コロナウィルスのパンデミック(世界的な大流行)が懸念される中、26日のNYダウ株式市場は前日比123.77ドル(0.46%)安の2万6957.59ドルと、2019年10月下旬以来およそ4カ月ぶりに2万7000ドルを割り込みました。急落
『【米国株大暴落】金やビットコインがヘッジの役割を果たしていないことについて【悲観する必要なし】』の画像

バフェット太郎です。米経済番組CNBCがビットコインについてかなり強気な論調を報じました。【ビットコイン(日足)】CNBCの人気コーナー「Fast Money」によれば、ビットコイン市場で個人投資家が淘汰された一方で、機関投資家が参入するなどプレイヤーの入れ替わりが見られ
『米経済番組CNBCがビットコインに強気の論調 機関投資家の資金流入で仮想通貨市場は2017年以来の熱気に包まれる』の画像

バフェット太郎です。ビットコイン(米ドル建て)が2019年10月以来、およそ三カ月半ぶりに1万ドルの大台に到達しました。ビットコインが上昇している背景には、米国とイランの関係悪化を受けて、有事の金と同様「価値の保存」手段になり得ると考えら始めたほか、ヘッジファン
『【絶好の投資チャンス】ビットコインが2021年5月~11月にかけて大暴騰する理由』の画像

バフェット太郎です。CMEビットコイン先物価格価格が一時1万ドルの大台を突破しました。中国発の新型コロナウィルスの感染拡大を懸念して、次世代型の安全資産「デジタル・ゴールド」の異名を持つビットコインが買われています。とりわけ、CME(シカゴマーカンタイル取引所)
『【朗報】ビットコイン、CME先物価格で1万ドルの大台を突破!』の画像

バフェット太郎です。ビットコイン(BTC)が一時9853.08ドルと、1万ドルの大台まであと+1.5%(+147ドル)のところまで接近しました。また、50日移動平均線が100日移動平均線を上回ったことでゴールデンクロスが形成されました。【ビットコイン:日足】50・100日移動平均線で
『【朗報】ビットコインは2万6500ドルをターゲットに大暴騰する!』の画像

バフェット太郎です。「ドクター・カッパー」の異名を持ち、世界経済の先行指標として知られる銅が暴落しています。【銅先物価格:日足】そもそも、銅は電気伝導性が高いことから、自動車やパソコン、携帯電話、住宅、産業用機械などあらゆる生産に欠かせない素材です。その
『【悲報】銅の大暴落は将来の経済危機を示唆か そして暗闇で輝く資産とは』の画像

バフェット太郎です。中国発の新型コロナウィルスの影響を受けて、世界の株式市場がリスクオフの流れに傾く中、安全資産として注目されているデジタル・ゴールドのビットコインが急騰しています。【ビットコイン(日足)】ビットコインの日足チャートを眺めると、200日移動平
『【朗報】株式市場のパニックでビットコインの巨大な強気相場が始まる』の画像

バフェット太郎です。ビットコインが短期的な調整局面を迎えており、押し目買いのチャンスが到来しています。【ビットコイン:日足】ビットコインの日足チャートを眺めると、19年7月以降、弱気のトレンドチャネルを形成していたものの、20年1月にそこから抜け出したことがわ
『【大転換】ビットコイン、半減期後に大暴騰か』の画像

バフェット太郎です。米仮想通貨投資ファンド大手のグレイスケール・インベストメンツによれば、伝統的なヘッジファンドや年金基金などが仮想通貨の保有量を増やしているとのこと。これは仮想通貨クラスタにとって良い兆候です。グレイスケールがまとめた報告書によれば、201
『【朗報】米ビットコイン投信に機関投資家の「買い」が殺到!!』の画像

バフェット太郎です。ビットコインの上昇トレンドが始まろうとしています。【ビットコイン:日足】ビットコインの日足チャートを眺めると、これまで弱気のトレンドチャネルを形成していたことがわかります。しかし、ついにそのレジスタンス(上値抵抗線)を上にブレイクアウ
『【朗報】ビットコインの上昇トレンドが始まりつつある理由』の画像

バフェット太郎です。仮想通貨ビットコインにかつてほどの熱狂はないものの、中東の地政学リスクの高まりを受けて急騰したように、安全資産としての価値が注目されています。しかし、ビットコインは金と同様に利息を生まないことに加えてボラティリティ(変動率)が高く、リ
『【1%投資法】ビットコインの「持たざるリスク」を回避する方法』の画像

バフェット太郎です。米国とイランが近い将来戦争に突入するとの懸念が高まっています。米国防総省によれば、「イラクにある米軍の駐留基地がイランから十数発の弾道ミサイルの砲撃を受けた」と発表しました。また、これに先駆けてイランの国営テレビは「米国とイラクの合同
『【悲報】米国とイランの戦争突入で買われる安全資産 金は1800ドル、ビットコインは2万ドルを目指す』の画像

↑このページのトップヘ